労働時間管理と社員研修

社員研修HOME  >  

人事労務管理と社員研修  >  

労働時間管理と社員研修

人事労務管理と社員研修

労働時間管理と社員研修

労働時間管理と社員研修の関係についてご説明します。

労働時間コントロールと社員研修

労働者が企業に提供する労働サービスは、単に労働者の頭数だけで 決まるのではなく、1人当たりの労働時間によっても左右されます。 したがって、残業や休日出勤のコントロールも、人事労務管理担当者 の重要な職務です。特に小売業などでは、店長による人時コントロール が、企業の業績を決める鍵となりますので、店長を対象とした社員研修 は、極めて重要な研修と位置づけることができます。

労働時間に関するの法律を学ぶ社員研修

労働時間に関しては、労働基準法により、さまざまな規制があります。 例えば、1週間の法定労働時間を40時間として、1週間の労働時間を 各日に割り振る場合の1日の法定労働時間の上限を8時間とするなど です。休憩時間、休暇などに関しても、細かく決めらております。 管理者を対象に、社員研修により、労働時間に関する法律を学ばせる ことが重要です。

労働時間のフレッシキブル化

労働時間管理も、時代と共に変化してきております。例えば、一定の 範囲内で、労働者に出退勤時間の自由を与えるフレックスタイム制度 などは、その一例です。また、東日本大震災による電力不足の影響も あって、従業員が会社に出勤しないで、自宅で仕事をするホームワーク も急速に普及しました。労働時間のフレッキシブル化に伴い、モチベー ションをどのように維持するか、社員間のコミュニケーションをどの ように図るかなど、新たな価値観やルールに関する社員研修のニーズが 高まっています。

※人事労務管理研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←昇進管理と社員研修へ

能力開発と社員研修へ→


労働時間管理と社員研修のトップへ戻る▲