雇用管理と社員研修

社員研修HOME  >  

人事労務管理と社員研修  >  

雇用管理と社員研修

人事労務管理と社員研修

雇用管理と社員研修

雇用管理と社員研修の関係についてご説明します。

採用管理と社員研修

採用とは、労働サービス需要充足を目的として、企業の外部から人的資源を 保有する労働者を調達することです。一般に、新卒者に対する定期採用と、 欠員補充など即戦力を確保する不定期採用とがあります。優秀な人材を確保 するためには、社員研修制度の充実が募集の際の重要な要素となっています。

人材の配置と異動

初任配属においては、自己申告を参考にすることはもちろんですが、新入 社員研修のプロセスにおいて、各メンバーの特性を判断して決めることが 望ましいです。その意味で、社員研修は社員の特性を判断するための重要な 要素であると位置付けられます。また、適宜、ローテーションと呼ばれる 人事異動が繰り返されますが、新たな職務に就くためには、事前に社員研修 を受講させると効果的です。

雇用調整の方法

経営環境が大きく変化した場合には、労働サービスの需給ギャップが発生 するために、いわゆるリストラと呼ばれる雇用調整をすることになります。 これは数量調整です。それ以外にも、ワークシェアリングと呼ばれる時間 調整という方法があります。リストラに伴い、配置転換や複数業務の兼務 などが必要になるため、新たな社員研修のニーズが発生します。

定年制と社員研修

定年制とは、従業員が法律および就業規則で定められた年齢に達した場合に、 自動的かつ無差別に雇用関係を終了させる制度です。従業員の定年後の生活 支援のために、定年前から生活設計に関する社員研修を実施する企業が多い です。

※人事労務管理研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←人事労務管理とは何かへ

人事制度と社員研修へ→


雇用管理と社員研修のトップへ戻る▲