ラーニングゲーム(教育ゲーム)

社員研修HOME  >  

社員研修の技法  >  

ラーニングゲーム(教育ゲーム)

社員研修の技法

ラーニングゲーム(教育ゲーム)

社員研修の技法のうち、ラーニングゲーム(教育ゲーム)をご紹介します。

ラーニングゲーム(教育ゲーム)とは何か

ラーニングゲーム(教育ゲーム)とは、社員研修に遊びの要素を盛り込むことにより、 主に集団で1つの目的に向かわせて、チームワークを高めるための技法です。伝言 ゲームなどの簡単なものから、宝探しなどの大掛かりなものまで、様々な種類があり ます。大掛かりな教育ゲームは、まだ馴染みが薄いメンバーの心を開いて仲間意識を 持たせるために、新入社員研修の中で、よく実施されます。

ラーニングゲーム(教育ゲーム)のメリット

ラーニングゲーム(教育ゲーム)のメリットは、他の研修技法に比べて、誰でも楽しく 学ぶことができる点です。チームに分けて競い合わせることにより、成功や勝利の喜び と、失敗や敗者の悔しさを体験させることができます。同時にチームワークの重要性を 理解できます。受講者の普段とは異なる顔が見られるのも魅力の1つです。

ラーニングゲーム(教育ゲーム)のデメリット

ラーニングゲーム(教育ゲーム)は、講師が研修の目的や意義などを明確に伝えないと 単なる遊びだけで終わってしまう場合があります。その意味で、目的に合致したラーニ ングゲームを選定することが重要です。また、大掛かりなゲームになるほど、準備に 時間がかかるというデメリットもあります。

※社員研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←ブレーンストーミング(自由討議)へ

ロールプレイング(役割訓練)へ→


ラーニングゲーム(教育ゲーム)のトップへ戻る▲