ブレーンストーミング(自由討議)

社員研修HOME  >  

社員研修の技法  >  

ブレーンストーミング(自由討議)

社員研修の技法

ブレーンストーミング(自由討議)

社員研修の技法のうち、ブレーンストーミング(自由討議)をご紹介します。

ブレーンストーミング(自由討議)とは何か

ブレーンストーミング(自由討議)は、1938年にA・F・オズボーンによって開発され ました。ブレーンストーミングは、自由にアイデアを出すために、4つのルールに従って 実施します。@良い・悪いという判断は一切しません。A自由奔放な突拍子もない意見も 歓迎します。B質は気にせず、大量の意見を出すようにします。C他人のアイデアの改善 や結合は大歓迎します。原則として、出された意見は、すべて記録します。

ブレーンストーミング(自由討議)のメリット

ブレーンストーミング(自由討議)のメリットは、参加メンバーが、意見やアイデアの連鎖 反応を巻き起こすことが可能になる点です。1人でアイデアを考えるよりも、複数の意見に 触発されながらアイデアを考えるほうが、良質なアイデアを考え出せる可能性が高くなると 思われます。その意味で、ブレーンストーミング(自由討議)は、通常の会議とは異なった 進め方をすることが大切です。

ブレーンストーミング(自由討議)のデメリット

ブレーンストーミング(自由討議)のデメリットは、受講者の意見がどんどん拡散していくと 収集がつかなくなってくる点です。研修では時間に制約があるので、そのまま放置しておくと 何も決まらないまま終了してしまう場合があります。それゆえ、講師は、最後にはある程度、 調整して、結論を導くようにアドバイスすることが必要です。

※社員研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←ディスカッション(討議)へ

ラーニングゲーム(教育ゲーム)へ→


ブレーンストーミング(自由討議)のトップへ戻る▲