レクチャー(講義)

社員研修HOME  >  

社員研修の技法  >  

レクチャー(講義)

社員研修の技法

レクチャー(講義)

社員研修の技法のうち、レクチャー(講義)をご紹介します。

レクチャー(講義)とは何か

レクチャー(講義)は、講師が受講者に対して話をする技法であり、社員研修の 基本中の基本です。仕事に対する十分な知識や経験を持たない受講者に対して、 知識を効率よく伝達するための技法ということができます。受講者の中にベテラン の社員と経験が浅い社員が混在している場合は、講師は経験の浅い人のレベルに 合わせて話すために、ベテランは基本を確認する気持ちで謙虚に受講するように してもらう必要があります。

レクチャー(講義)のメリット

レクチャーのメリットは、特別な準備が不要のために、実施したい時に、どこでもいつでも 気軽に実施できることです。時間の長短も調整がしやすい点が特徴です。受講者が大人数でも 実施が可能です。重要な知識を短時間で効率よく伝達することが可能です。

レクチャー(講義)のデメリット

受講者はただ講師の話を聞いているだけなので、退屈してしまう場合があります。これを防ぐ ためには、講師は講義内容を興味深いものにすると共に、適宜、受講者に質問をすることが 必要です。話を聞いただけで終わらないように、実行課題を与えることが大切です。

※社員研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←社員研修の技法へ

ケーススタディ(事例研究)へ→


レクチャー(講義)のトップへ戻る▲