社員研修の成功ポイント5

社員研修HOME  >  

社員研修の成功ポイント50  >  

社員研修の成功ポイント5

社員研修の成功ポイント50

社員研修の成功ポイント5

社員研修の成功ポイント50のうち、(その5)をご紹介します。

21.社員研修では時間割のバランスが重要である

社員研修を実施するに当たっては、カリキュラムすなわち時間割のバランスを どのように決めるかが大切です。知識を学ばせることを重視すれば講義の時間を 増やす必要がありますし、考える力を養いたければ討議の時間を増やすことにな ります。目的に応じて、講義、討議、作業、訓練などをバランスよく組み合わせ ることが、成果を高める秘訣です。

22.社員研修では受講者同士の関係も重視せよ

社員研修の方法も、ITの発達と共に選択肢が増えてきました。テレビ会議 システムによる研修もできるし、インターネットで好きな時に学ぶことも可能です。 それぞれにメリット、デメリットがありますが、やはり最も効果が高いのは実際に 顔を会わせる集合研修です。せっかく一同に会するのですから、受講者同士の関係 が良好になるように、交流を深める時間も設定します。

23.社員研修は楽しく学べるほうが効果があがる

社員研修を実施するに際しては、とにかく厳しくやって下さいと依頼する研修 担当者が多いように見受けられます。成果を問われる立場としては理解できますが、 本当に厳しくすれば効果があがるのでしょうか。厳しくすると見かけ上は、真面目 度が増すように感じますが、本当に社員研修の効果を高めようと思えば、よい意味 で楽しく、時間を忘れてしまうような研修を実施することです。

24.新入社員研修では忍耐力から見につけさせる

新入社員研修は、社員研修の入り口となる重要な研修です。約1年間という時間 と多大な費用をかけて獲得した人材の将来を左右するのですから。新入社員研修 のプログラムは、社会じんとしての基本マナーから始まって、どの企業でもほぼ 同様の内容ですが、何が重要化と言うと、まず忍耐力を付けさせることです。講 師の話をしっかりと聴けるようになれば、その後の成長が速まります。

25.新入社員研修では社内講師が重要な役割を果たす

新入社員研修においては、部分的に外部講師に依頼することは必要ですが、基 本的には社内講師で実施することが望ましいです。なぜならば、学ぶより教え るほうが何倍も勉強になるので、先輩社員に講師を担当させると、先輩社員も 成長するからです。まだ社内の雰囲気に慣れていない緊張をほぐすこともでき ます。半年間は定期的にフォローして、半年後に再度集合研修を実施します。

※社員研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←社員研修の成功ポイント4へ

社員研修の成功ポイント6へ→


社員研修の成功ポイント5へ▲