社員研修の成功ポイント3

社員研修HOME  >  

社員研修の成功ポイント50  >  

社員研修の成功ポイント3

社員研修の成功ポイント50

社員研修の成功ポイント3

社員研修の成功ポイント50のうち、(その3)をご紹介します。

11.外部講師の役割は新たな視点をもたらすことである

社員研修は内部講師だけで実施できると考えて実施している会社と、外部講師を 積極的に活用している会社があります。社員研修で基本的な知識を教えるだけ ならば内部講師でもできるかもしれません。それでは、なぜ外部講師を頼むのか と言うと外部講師は、数多くの企業に関する情報を持っているからです。社員 研修では、社内とは異なる新たな視点に気づかせることが重要なのです。

12.社員研修はタイミングよく実施せよ

社員研修の実施に当たっては、いつ実施するかというタイミングが重要です。 例えば、管理職に昇格したときに合わせて管理職研修を実施するとか、新製品 の発売時期に合わせてマーケティング研修を実施するなどの意味です。受講者 が必要性を感じている時期は、研修の効果があがりやすいからです。定期、不 定期を含めて、会社内の変化を捉え、その時期に実施するのがよいでしょう。

13.優秀な社員研修講師を探すことが大切である

社員研修の講師は誰がやっても成果があがるというものではありません。社員研修 の実施に当たっては、優秀な社員講師を探すことが大切です。それでは、優秀な 社員研修講師とはどのような人でしょうか。最も重要なことは、戦略思考を持って いる講師を選ぶことです。言い換えれば、視野が広く、本質を見抜く力を持って いる人です。コンサルティング経験が豊富な講師に依頼すべきです。

14.社員研修には効果のあがる会場を選定せよ

社員研修に当たっては、どのような会場を選定するかはとても重要です。研修 効果だけを考えれば、日常業務している場所から離れた場所に設定することが 望ましいと考えます。グループ討議などをするのに十分な広さがあることも 必須条件です。地下は避け、窓の広い部屋がよいです。運営主体が柔軟に対応 してくれて、協力的な会場を選ぶことも大切です。

15.社員研修にはオブザーバーを参加させよ

社員研修には、直接の参加者だけではなく、関係する部署の部門長などをオブ ザーバーとして参加させることが望ましいと考えます。なぜならば、参加者だけ が学んでも、それを受け入れる環境も変えなければ、研修効果があがらないから です。そして、オブザーバーは受講者と同じく真面目に研修に向き合うことが 大切です。いいかげんな態度を取らないように、事前に注意しておきます。

※社員研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←社員研修の成功ポイント2へ

社員研修の成功ポイント4へ→


社員研修の成功ポイント3へ▲